DawnX が実現する M & A サービスの4つの特徴

  • 準備

    豊富な実績に基づく深い事業理解と株主価値最大化の戦略立案

    理想のM&A実行を目的としたコンサルティング業務の提供

  • ソーシング

    全国各地の譲受企業様と密な関係を有し、オーナー様のお悩みに基づきスピード命で最適なマッチングを実現

  • 条件交渉

    創業者利益の最大化とリスクの最小化を実現する交渉とチーム組成が得意

    常に論点の整理と懸念事項の解決に全うし、最適な進行方法のご提案

  • 最終交渉

    ファイナンス/リーガル観点など包括的にM&A最強チームを組成し、ディール全体をコントロール

M&A支援の流れ

DawnXのM&A支援は大きく分けて3段階、 9ステップで進行します
  1. 初期面談

    お問合せ後、NDAを締結し、面談を実施いたします。アドバイザーがご相談をヒアリングし、課題に応じて解決策を提案します。

  2. 必要書類準備

    貴社資料を基に企業価値の算定、譲受企業の選定、売却戦略の立案を行います。

  3. アドバイザリー契約締結

    売却戦略立案後、アドバイザリー契約を締結します。ご契約に際しては、M&A支援機構の遵守事項についてご説明をさせて頂きます。

  4. 打診準備

    ティーザー資料やIM資料を作成し、約30~300社の譲受企業を選定します。週一で定例会を開催し、事業進捗をタイムリーに共有します。

  5. ソーシング

    譲受企業への提案フェーズです。各社の関心を収集し、意向の強い企業とNDAを締結して交渉を開始します。

  6. 面談実施

    シナジー実現や懸念点を確認するため、関心のある譲受企業と売主の面談を実施します。創業経緯やM&Aの背景、企業特徴、シナジーを説明・議論します。

  7. LOI提出

    譲受企業が検討条件を記したLOI(意向表明書)を提出します。LOIは3~5社から集めることもあり、売主がどの企業と交渉を進めるか検討します。

  8. MOU提出

    交渉を進行する譲受企業を決定後、LOI内容に基づくMOU(基本合意書)を締結します。譲受企業は独占交渉権を希望することが多いですが、場合によっては複数社とDDを進行する事もあります。

  9. DD実施

    DDはビジネス、財務、税務、法務等の調査です。リスク発見による条件変更を防ぐための売却戦略の立案を致します。

  10. DA交渉

    DDの終盤でDA(最終契約書)の作成を開始します。売主(または譲受企業)がドラフトを作成し、弁護士を交えて締結に向けて協議します。

  11. DA締結
    クロージング

    弁護士同席でDAドラフトを作成します。弊社アドバイザーが初期フェーズから懸念点を解消し、オーナー様の負担を最小化します。